image
page image page image 正體中文 | English
page image
page image  
page image
page image
page image
page image page image Policy Papers page image KMT News page image General News page image Editorials page image Survey page image Opinions page image page image
header image

馬英九・蕭万長の国防政策――精鋭の新国軍を作り、台湾海峡の無戦争を確保する

page image2008/03/13
page image閱覽者數:6121

馬英九・蕭万長の国防政策――精鋭の新国軍を作り、台湾海峡の無戦争を確保する

台湾、前へ進め    精鋭の新国軍を作り
台湾は必ず勝つ    台湾海峡の無戦争を確保


一、国家安全の苦境
民進党は政権を担って以来、挑戦的な態度で「法理的台湾独立」を推進し、故意に中台両岸の緊張を引起して来ました。更に大幅に国防予算を削り、94年度には国内総生産(GDP)の僅か約2.27%まで落ち込んでしまい、両岸の軍事バランス失墜を引起しました。これらの行いにより中国の対台湾作戦能力が強化され、意志が堅固になりましたが、わが国の外国から援助を受ける条件は悪化し、国防の実力が弱化して、国民の士気は軟化してしまいました。

二、国防のビジョン
中国国民党の国防政策は国家の安全を保護し、両岸の平和を強力に求めることによる、区域の安定及び国内の繁栄にあります。本党が政権を担った後は、国防の実力を強化することを保証します。しかし挑発はせずに台湾海峡の現状を維持することに力を注ぎ、両岸の対話を拡大して誤判断による戦端発生を予防することで、台湾海峡の無戦争状態を確保し、国民が安心して生活できるようにします。

三、国防目標
「固若磐石(Hard ROC:磐石のように堅固)」な国防力を構築して、守勢戦略を指導します。「嚇不了(戦意高揚:脅すことはできない)」、「咬不了(封鎖できない)」、「呑不了(占領できない)」、「打不砕(持久抗戦できる)」全体防衛軍事力を確立します。戦争が回避できない場合は、力、空、時の有利な条件を十分に利用します。スピーディに兵を用いることで、序盤戦で勝利を収め、敵の用兵リズムを霍乱して、円満にまとめる時間を勝ち取ります。

四、精鋭の新国軍
1.国防組織の強化:定期的に兵力の大小、兵力構造並びに軍事基礎建設を検討します。同時に国家軍事指揮メカニズム、連合作戦士気メカニズムや連合参謀組織編制に関連する国防二法を検討します。
2.戦備整備と訓練の強化:精兵政策を確実に実行するため、業態転換後の国軍定員を縮減し、戦力倍増は後方支援及び作戦支援能力を全面的に検討して、戦備水準を向上させなければなりません。また部隊訓練に精進して、実兵訓練及び対抗を増加し、訓練上の外力干渉を排除することで、精鋭で実力のある剽悍な常備部隊を作ります。
3.品質優秀な専業軍官団の育成:軍官の専業知能、指導統御及び武徳倫理を強化して、軍文交流並びに国内外交流の幅及び深度を向上させ、品質優秀な指導能力を育成、民間の特長を育成することで、軍官の自負心と社会的地位を向上させます。同時に軍官の来源を多元化して、国軍の創新変革を誘導します。

五、全志願兵制度を推進
1.4年から6年の間に全志願兵制度を完成:年々志願兵の比例を拡大して、4年から6年の間に全志願兵役を完成させます。素質が高く、意志願望の強い適齢人力を募集することで、専業的で品質優秀な新国軍を構築します。兵士の最低賃金を労働基準法にもとづいて基本賃金倍額給付を保証し、地上作戦部隊の士官兵士はできるだけ現地化します。
2.義務兵役の平時零、戦時に全面的動員:法を修正して使役年齢の国民は累計3ヶ月の冬季夏季休暇軍事訓練教育(男性は義務、女性は志願)だけにして、訓練終了後は予備役軍人資格を与え、戦時時期に動員して予備役の地上作戦部隊を編成し運用します。
3.退役慰労メカニズムの再構築:退役軍人の就業、扶養、就学、創業等服務を推進して、軍人は入営から退役まで、完全な生涯計画があり、退役後の生活に心配がないようにします。アメリカのモンゴメリーG.I.法案に類似した政策を推進して、退役軍人は療養、就業、就学等各方面でいずれも基金の援助が受けられるようにします。同時に軍人の軍事専業以外で、服役期間に民間の専門的特殊技能免許取得を奨励し、軍を離れても迅速に社会に融合できるようにします。また、創業基金の創業指導を通して、個人の特長や得意とする所が伸びるように引続き貢献します。

六、精神的戦力の再塑像
1.国軍は国家の軍隊であり、私たちの国は中華民国です。国軍は必ず中華民国に忠誠を尽くし、台湾澎湖金門馬祖を安全に防衛しなければなりません。
2.精鋭で実力のある剽悍な国軍気風を作り、虚偽偽造、迎合へつらい、上意を探る反動的な風潮を断絶します。
3.国軍の歴史的伝承を尊重し、軍人の栄誉を高め、優秀な人材に責任を持たせ、品質優秀な専業的軍官団を構築します。
4.軍人の待遇を徹底的に検討改善し、弔慰制度を改革し、服役者に後顧の憂いがないようにして、軍人の士気を奮い立てます。

七、国防予算の編成
1.国防予算の編成は「国防の需要」、「政府の財力」、「両岸関係」並びに「民意の方向性」を考慮して、慎重に作成します。その限度額は推進する全志願兵制度の進捗によって調整しますが、原則上国内総生産の3%を上回ることはありません。
2.国防予算の分配は人員の維持、作業の維持並びに軍事的投資に基づいて、できる限り4:3:3の比例で分配します。特殊な状況にある場合を除いて、特別予算は編成しません。

八、軍備機制の完備
1.中国の軍事力現代化に対して、国外から先進的武器を購入し、国軍の優勢を維持して台湾海峡の安全を確保しなければなりません。
2.「軍用購入」或いは「商業購入」様式を臨機応変に運用して、迅速に且つ信頼できる国外から先進的武器を購入し、台湾海峡の安全を防衛します。
3.軍事科学技術の研究開発予算比率を引上げて、科学技術の人材を広く集め、優先的にスピーディな反応能力を樹立して、自力で高性能、高精度の武器装備を発展させます。
4.軍事購入作業中の技術移転並びに工業互恵を効果的に運用して、わが国の軍事工業能力を構築します。

九、実力を後ろ盾に、両岸和平を推進
1.中国に対台湾ミサイル撤去を要求して、台湾海峡両岸の共栄共同利益を促進する誠意を示します。
2.軍事交流を展開して、両岸の「軍事相互信頼メカニズム」構築を協議します。
3.両岸「和平協定」を協議して、台湾海峡を平和で安定した区域にします。

十、絶対に核兵器及びその他大規模殺傷性武器を生産させない
1.「台湾海峡非核化」を主張し、「東南アジア非核化」も支持します。
2.絶対に核兵器及びその他大量殺傷性武器を生産させない長期基本計画を改めて主張します。
3.2004年4月28日に通過した国連1540号決議案に記載する、「いかなる国或いは地域が核兵器生物化学武器を拡散する行為に協力しない」を含めて、全ての関連規定を遵守します。

page imageAttachment : none 


Copyright©2018 著作権は国民党が所有しています。 所在地:台北市八徳路2段232-234号  
image